伊勢國一之宮 都波岐奈加等神社

伊勢國一之宮都波岐(つばき)神社と奈加等(なかと)神社です。都波岐神社の祭神は猿田彦大神、奈加等神社の祭神は天椹野命(アマノクノノミコト)。延喜の制では共に小社、明治時代に両社を合わせ都波岐奈加等神社とされ、県社に列せられました。
延喜式神名帳に見える椿大神社は通常鈴鹿市山本町の椿大神社に比定されますが、こちらの都波岐神社との異説もあるようです。

明治9年建立の拝殿が平成9年不審火により焼失し、翌年にこの拝殿が再建されました。

失火事件のためか、本殿はこの通り厳重に囲われています。

現在は規模も小さく宮司一家と氏子により営まれていると思われますが、私たちが参拝に来た様子を察した宮司家のお嫁さんらしき方がやって来られて親切に対応して頂きました。とても有難いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です