サツマイモの収穫

昨日(向こうではまだ27日ですね)のポートランド発成田行きデルタ617便は機体のトラブルのため2時間半遅れ。国内便の乗り継ぎはかなわず、羽田エク セルホテル東急泊。急な宿泊で喫煙室しか残っておらず、エレベーターでフロアに降り立ったときすでに臭う。部屋を開けたらクサッ!喫煙室なんか作るなー!バカヤロー!アラームのセットを間違えて、朝は仲間に起こされ慌てて飛び出した。社長先導のツアーだったので、羽田空港ではVIP専用搭乗手続き、保安検査を初体験。庶民はズラッと並んでいるのに全く待たずにスイスイだった。金持ちの世界って、こうなんだー。

と、朝帰りではあるけれどしばらく休みなどあたらないので、今日はイモ掘りにいきました。清々しい秋晴れで向こうに立山が見えています。

よく芋づる式と言うけれど、ツルを引っ張ってもちぎれるだけでイモは出て来ません。このように手で掘り出すのです。軸方向に引っ張ると折れずに抜けます。

左は実が紫色の「パープルスイート」、真中が「なると金時」。右は母の言いつけで植えた母の台所で芽の出ていた「五郎島金時」。サトイモは来月掘ろうと思います。

庭の生垣のキンモクセイが満開です。よく見るとアマガエルが写っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です