土壌改良の試み

毎年春先には近所の方がこの休耕田の畑を耕起してくださるのですが、当家が一部しか畑にしていないのをよくご存じで、年々耕起面積が小さくなっていくのでした。今年は思い切って本来の圃場全体を起こして、土壌改良目的に緑肥を施してみることにしました。これは全体の写真ですが、4月30日の状態よりも随分広がっているのがお分かり頂けますでしょうか。
手前に繁茂しているのは放ったらかしのニラです。
ほんの一部しか畑にしていないのがよく分かります。とくに今年はツレアイの肩が不調で、規模を縮小したのです。いわゆるオトナの肩ですね。