パワースポットの最近の記事

東口本宮富士浅間神社

| コメント(0)

DSCF1631.JPG

富士山の東、須走の地に鎮座する浅間神社です。写真は拝殿。祭神は木花咲耶姫命。延暦21年の富士山東脚噴火の際鎮火の祈願を行ったところ噴火が収まったので、創建されたとあります。

金沢と三八幡宮

| コメント(0)

さて、今日廻った三八幡宮と金沢との位置関係です。如何でしょうか。

放生津八幡宮

| コメント(0)

DSCF1611.JPG

有磯正八幡宮のおすすめで三八幡宮巡り、最後は放生津八幡宮です。天平18年やはり宇佐八幡宮より勧請され、祭神はフツーに應神天皇です。本殿のすぐ向こうは海です。私たちがお参りしている間、中にいらっしゃる宮司さん(?)がずっと太鼓を鳴らして気分を盛り上げてくださいました。とても歓迎された気分。

埴生八幡宮

| コメント(0)

DSCF1592.JPG

今度は有磯正八幡宮のおすすめで三八幡宮巡り、次はこちら埴生八幡宮です。養老年間に宇佐八幡宮より勧請、祭神はフツーに八幡大神。別名護國八幡宮となっておりますが、慶長年間に当地方に凶作が続き、前田利長卿が当社に豊作を祈願されたところ霊験著しく、この尊号を奉ったのだそうです。

有磯正八幡宮で教わったのですが、当地は金沢からの方角が北東、鬼門にあたります。そのためか、江戸時代には加賀藩の加護を受けています。

有磯正八幡宮

| コメント(0)

DSCF1570.JPG

やはり地元杉原神社のおすすめで、高岡市の古社、有磯正八幡宮を訪ねました。祭神は有磯宮、綏靖天皇。有磯とは富山湾のことで、富山の海を祀った神社ということですね。この社殿の独特なつくりは有磯造とも称されるそうです。

奥田神社

| コメント(0)

060.JPG

地元杉原神社のおすすめで、富山市内の奥田神社に参ってきました。

博多總鎮守 櫛田神社

| コメント(0)

222.JPG

博多っ子からは「お櫛田さん」と呼び慕われる、博多の総鎮守です。主祭神は大幡大神(櫛田大神)、櫛名田姫じゃないのですね。

亀ヶ岡八幡宮

| コメント(0)

020.JPG

東京市ヶ谷の亀ヶ岡八幡宮です。学会で市ヶ谷に宿をとって、目に留まりました。ここ市ヶ谷には6歳まで住んでいました。その頃の建物なんて何も残っておらず、分かるのはお堀ぐらい。でも神社があった。思い出せないが兄がセミを獲ったのは多分ここ。

出羽三山神社

| コメント(0)

DSCF1504.JPG

羽黒山山頂の出羽三山神社、奥羽修験道の本拠地です。出羽三山とは羽黒山、月山、湯殿山のこと、鳥海山は含みません。名前がややこしくて、こことは別に月山神社も湯殿山神社もあるので、本当はここは羽黒山神社と言ってもらえばわかりやすいのですが、月山神社も湯殿山神社も一緒に祀って出羽三山神社を名乗っています。月山神社も湯殿山神社も山の上でとても行きにくいので(現在では湯殿山は車で行ける)、修験者ではない庶民でもここを参れば出羽三山全て参ったことにしてやる、というコンセプトでしょう。

羽黒山は稲倉魂命(ウカノミタマノミコト)、月山は月読命(ツクヨミノミコト)、 湯殿山は大山祇命(オホヤマクヒノミコト)、大国主命(オホクニヌシノミコト)、少彦名命(スクナヒコナノミコト)の三神を祀るとあります。でもこの神社の本当の御神体は写真手前の鏡池です。

お参りしたときにちょうど中でお祓いをしているところでしたが、神主と巫女のユニゾンで祝詞が朗々と響き渡り、しばらくうっとりと聞き惚れてしまいました。こんな祝詞、普通の神道の神社では聞いたことがありません。

鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮

| コメント(0)

DSCF1465.JPG

同じ鳥海山大物忌神社の蕨岡口ノ宮です。祭神は大物忌神。社務所はなく、御朱印は吹浦口ノ宮の方で頂きました(というかそのときこちらの宮のことを知りました)。

写真は鳥居と山門です。出羽三山同様山を御神体とした修験道が栄えたので、このように一見神仏混淆のような様式になっています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちパワースポットカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバイクです。

次のカテゴリは中村シアターです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • archives
  • minix