中村シアターの最近の記事

続・激しいサラウンド

| コメント(0)

DSCF0157.JPG

毒を食らわばサラウンド。激しいサラウンドはまだ終わっていなかったのである。5月にはフロントとリアと、計4本のスピーカーを導入しましたが、今回は残るセンター、サブウーファー、それにトップスピーカーの導入です。勿論全部 Penaudio。写真右上から右リアトップ、右フロントトップ、右フロント、センター、サブウーファー、左フロントの各スピーカーが写っています。

激しいサラウンド

| コメント(0)

DSCF1340.JPG

当家では2002年頃より B&W CDM9NT を核とした 5.1 サラウンドを組んでいたのですが(センターは2009年に追加)、色々訳あってこの度 Penaudio のスピーカーに入れ替えました。Penaudio! いきなりハイエンドですよ、奥さん。写真は左右フロントと右リアを写したパノラマ写真。このパノラマ機能って、何に使うのだろうと思いますが、今回はまさにこれしかない!ですよね。左フロントは赤みがかっていますが、これは補助照明のせいです。本当は右フロントとリアのような色味の Karelian Birch 仕上げです。

スピーカー再配線

| コメント(0)

DSCF0013.JPG
我が家では9年前の新築時スピーカーケーブルが先行配線されていて、AVラックの裏でこの様にCD管に入っていきます。

guidewire.JPG
現行AVセンター、基本性能に不満はなかったのですが、なにしろ古くて今どきのHDオーディオに未対応。この度センターを新調、クリアーサウンドイマイに無理を言ってAVセンター納品とともにフロントバイアンプ化をお願いしました。つまりフロントスピーカーの配線追加です。さらに無理を言って、センタースピーカーのケーブルまで通して頂きました。追加ケーブルは先行配線に使用していたのと同じ AUDIOCRAFT QLX 100。今では入手困難ですが、ショップにまだ少しありました。

DSCF0037.JPG
さすがはきれいなプロのお仕事です。

...と書きかけていたらショップの方で早速アップしておられました。

LAN 配線

| コメント(0)

今どきのAV機器は半ばコンピューターみたいなもので、オプションではありますがネットワーク接続もできるようになっています。近々機器更新の予定もあり2階のPCの部屋とホームシアターの間のネットワーク (category 5) 配線を行いました。

2階から1階の配電盤まではCD管。ここに通っていた同軸ケーブルを抜き category 5 に入れ替える。PC録画の目的に以前に同軸ケーブルを通してみたものの、UHF画像のあまりの汚さに結局使っていませんでした。市販のLANケーブルの一端のモジュラープラグを切断し(プラグなしのケーブルだけは入手できなかった)配電盤側で同軸ケーブルにハンダ付けして、2階側から同軸ケーブルを引き上げるとLANケーブルがつながって上がってくる。電話線も2本通っていて、結構きつかったです。配電盤からシアター機器まではHDMIケーブル配線のときと同様床下を通しました。正確に測りませんでしたが大体25m程ひきまわしたでしょうか。

2階側は改めてモジュラープラグ取り付け。今回初めて配線に T568A と T568B のあることを知る。当初なにも考えずに T568A 結線でかしめたら反対側が T568B になっていてクロスケーブルを作ってしまいました。チョン切ってやり直し。市販のケーブルはどうも(規格ではオプションの方の) T568B らしいです。

買ったまま何年も眠っていたケーブルチェッカーの出番となりました。

DSCF0051-top.JPG

センタースピーカー

| コメント(1)

DSC00006.JPG
何をいまさらですが。センタースピーカーを設置しました。

主に部屋の美観のためセンタースピーカーなしでやってきたのですが、最近どうにも音に不満。主な不備はまずプレーヤー、アンプともに今どきのHDオーディオに対応していないこと。なんですが、センタースピーカーなしも気になってきました。しかしフロントスピーカーと合った機種(写真の B&W CDM CNT)は廃番でもう手に入りません。そうしたところがヤフオクで首尾よくゲットできたのでした。

結果は上々。音の不満の半分ぐらいは解消したように思います。センターの信号のフロント2チャンネルへのミックスダウンが思いのほか音をスポイルしていたのでしょうか。

LPプレーヤー購入

| コメント(1)

市内のショップでLPプレーヤーを購入しました。ortofon の PRO-JECT 2 Xperience / 520 Mk II の展示品でした。ホームシアターを設置している広間用です。

DSCF0023.JPG

ラックの隙間に押し込んでちょっとこんな可哀そうなことに。蓋は当然つけられません。上を広くするために我が家唯一のテレビを捨てたら家族に顰蹙を買うかな。因みにこの木製ラックは我が家を建築した大工の棟梁の手作りです。

10年程やったことのなかったバランスだの針圧だの inside force canceller といった儀式を執り行いました。

DVD世代のAVアンプで鳴らしたので音はさほど期待しなかったのですが、これがなかなかどうして。昔の曲なんかCDよりよっぼどいいじゃないですか。音の厚みや奥行きがまるで違う。もちろんチリチリパチパチいうのですが我々の世代はそれを無視して鑑賞する訓練ができていますので。 興味深かったのは今どきのリマスターものの新しいLPがCDと全く同じ音がしたこと。やっぱりデジタルサンプリングってそれだけで多くを喪失していることを実感したのでした。

スクリーン幕面交換

| コメント(0)

img_0088.jpg

当家の120インチワイドスクリーンは平成11年末新築時に当時の液晶プロジェクターに合わせたキクチのシアターグレイのままでした。黒浮きのすっかりなくなった今どきのプロジェクターには合わずかえって絵を悪くしてしまうのでスクリーンの幕面交換を敢行、ホワイトマットアドバンスに変えました。キクチのスタッフが出張サービスに来られました。

プロジェクターがやって来た

| コメント(1)

DSCF1075.JPG

とても品薄と聞いていたハイビジョンプロジェクター、DLA-HD1 が意外と早くやって来た。

HDMI配線敢行

| コメント(3)

HDMI壁内、床下配線を敢行しました。

DSCF1062.JPG

2004年の超大作、「指輪物語」最終章
    ロード オブ ザ リング The Lord of the Rings
    王の帰還 The Return of the King

2005年3月19日(土)午後7時 上映
rotk_poster.jpg

 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還は、J・R・Rトールキンの最高傑作指輪物語を原作とした三部作の最終章であり、劇場版は、映画史を塗り替える歴代興行新記録の樹立や第76回アカデミー賞での史上最多11部門の受賞など、数々の快挙と多くの感動をもたらしました。
 上映予定のロード・オブ・ザ・リング/王の帰還スペシャル・エクステンデッド・エディションは250分の長編で、惜しくも劇場版ではカットされた350ショット以上ものVFXシーンなどの50分もの未公開シーンが追加されています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち中村シアターカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはパワースポットです。

次のカテゴリは修理のシュウです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ