湖國總鎮護 長濱八幡宮

| コメント(0)

DSCF1197.JPG

滋賀県長浜市の古い中心地に鎮座します。八幡社ですので、祭神は足仲彦尊(タラシナカツヒコノミコト)、誉田別尊(ホムタワケノミコト)、息長足姫尊(オキナガタラシヒメノミコト)の三柱です。由緒によれば、延久元年(西暦1069年)、源義家公が後三条天皇の勅願を受け、京都の石清水八幡宮 より御分霊を迎えて鎮座されたのだそうです。写真は拝殿脇より幣殿を臨んだところ。

DSCF1189.JPG

摂社、末社の他お寺も同居して、近世の神仏習合がそのままのようです。

DSCF1207.JPG

社殿は八幡社とは思えない神明造です。

DSCF1192.JPG

こちらは菅原道真公を祀る摂社の天満宮。

DSCF1194.JPG

こちらは都久夫須麻(ツクブスマ)神社。祭神は市杵島姫神(イチキシマヒメノミコト)とありますが、どう考えても今でいう琵琶湖の竹生島のことでしょう。

DSCF1205.JPG

こちらは本殿脇の高良(コウラ)神社で、祭神は武内宿禰(タケシウチノスクネ)。神上がっても尚天皇にお仕えしているんですなあ。高良神社って、筑後國一之宮の高良大社から勧請したのでしょうか。こちらの祭神は高良玉垂命(コウラタマタレノミコト)です。武内宿禰という説もあるようです。

この高良神社は、健康長寿の神様であったものが今では「ぼけ封じ」として客を信仰を集めようとしているようです。

コメントする

この記事について

このページは、angrodが2016年6月 4日 22:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「多賀大社」です。

次の記事は「ジャガイモの追肥、土寄せ~2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ