2013年9月アーカイブ

サツマイモの収穫

| コメント(0)

昨日(向こうではまだ27日ですね)のポートランド発成田行きデルタ617便は機体のトラブルのため2時間半遅れ。国内便の乗り継ぎはかなわず、羽田エクセルホテル東急泊。急な宿泊で喫煙室しか残っておらず、エレベーターでフロアに降り立ったときすでに臭う。部屋を開けたらクサッ!喫煙室なんか作るなー!バカヤロー!アラームのセットを間違えて、朝は仲間に起こされ慌てて飛び出した。社長先導のツアーだったので、羽田空港ではVIP専用搭乗手続き、保安検査を初体験。庶民はズラッと並んでいるのに全く待たずにスイスイだった。金持ちの世界って、こうなんだー。

DSC01420.JPG

と、朝帰りではあるけれどしばらく休みなどあたらないので、今日はイモ掘りにいきました。清々しい秋晴れで向こうに立山が見えています。

Voodoo Doughnuts

| コメント(0)

voodoo1.jpg
ポートランドの名物だそうです。いつもすごい行列だそうですが、今日は朝早かったのですぐに入れました。

ポートランドのライトレール

| コメント(0)

lightrail.jpg
富山市がライトレールを敷設する前、職員がたくさん視察に来たとか。
昨日よりだいぶ早く作業出来た。

オレゴン再訪

| コメント(0)

fall.jpg
今年もやって来ました。小雨が降り寒い。

白鬚神社

| コメント(0)

DP2M0649.jpg

旅の終わりは滋賀県高島市の白鬚神社でした。近江最古の大社、全国の白鬚神社の総本宮だそうです。祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)。

下鴨神社

| コメント(0)

DP2M0640.jpg

今日はまず下鴨神社を訪れました。正式名称は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)。山城国一の宮です。祭神は賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)。後でお話を伺ったのですが、元は下上賀茂神社は一つの神社であったのが応仁の乱のとき社領が失われて二つに分かれたのだそうです。

神泉苑

| コメント(0)

DSCF0389.JPG

天皇の広大な禁苑であった神泉苑。御霊会(ごりょうえ)の始められた霊苑。戦乱で荒れ、徳川家康が京都の風水絶ちのため二条城を築城して止めを刺され、今ではほんの一部だけが残っています(それでもそこそこ広い庭園ですが)。今では東寺真言宗の寺院!ということになっていました。

清明神社

| コメント(0)

DP2M0621.jpg

若者にも人気の清明神社です。祭神は勿論安倍晴明公。ここはもともと晴明公の屋敷跡だそうです。

伏見稲荷大社

| コメント(0)

DP2M0606.jpg

全国に3万社と言われる稲荷神社の総本社です。主祭神は宇迦之御魂大神(仮)。ウカ、ウケ、ケ等は穀物、食物の古語で、布都御魂大神が剣の精霊なら宇迦之御魂大神は稲の精霊ですね。いずれあまり固有名詞のようには聞こえません。

真相の究明は専門家にまかせるとして、ここには一般の神社にはない賑やかさ、楽しさが感じられます。さすが近畿地方で最大の参拝者を集めるだけのことはあります。外国人もいっぱい。家族が最も気に入った神社のひとつでした。

松尾大社

| コメント(0)

DP2M0593.jpg

今日から京都めぐり。木島神社に参った後こちら、松尾大社(まつのおたいしゃ)に参りました。祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)。

法隆寺

| コメント(0)

DP1M0170.jpg

お約束の東大寺に参ったあと法隆寺に参りました。写真は夢殿。この写真では外してありますが、境内には木がたくさん植えられていてとても清々しいです。お目当ての秘仏は閉じられたまま。そりゃめったに御開帳しませんよね。秘仏なんだから。

石上神宮

| コメント(0)

DP1M0154.jpg

今日は興福寺を見学した後石上神宮(いそのかみじんぐう)にお参りしました。祭神は布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)。この神様は当神社の御神体の布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)に宿る神様というのだから神様→依代→神社というルールが破綻して自己循環していますね。だから普通に考えれば本当の祭神はイソノカミ、物部氏の氏神という説を支持します。ただこの神社は大和朝廷の武器庫ともいわれるように鉄剣を多数保管していたようなので、フツ(フツとは剣の古語)の社という言い方は即物的には名前の通りなんですね。

箸墓古墳

| コメント(0)

DP1M0136.jpg

この日、大神神社と檜原神社を往復してとても気になったのがこの倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)大市墓でした。そのときはわかっていなかったのですが、後で見直すとこれが卑弥呼の墓の呼び声高い箸墓古墳じゃないですか。円墳側のすぐ脇を通ってみるともの凄いボリュームの盛り土でした。もっとよく見てくれば良かった。

この辺一帯、本当に古墳だらけです。2千年の間に流失、損壊してわからなくなったものも含めれば一体どれだけあったのでしょう。さながら死者の谷ですね。

大神神社

| コメント(0)

DP1M0123.jpg

大和国一宮三輪明神大神神社(おおみわじんじゃ)です。祭神は大物主(おおものぬし)。ミワとは神の古語だそうです。江戸時代までは神と言えば大物主、祭と言えば葵祭のことだったとか。京都奈良の人達にとっては今もそうでしょうね。

本来鳥居というのはこの写真のように二本柱に注連縄を渡したものであったそうです。

仁徳天皇陵

| コメント(0)

DP1M0103.jpg

天の橋立から堺まで大移動。昔関西にも住んでいたけど、初めて見ました、仁徳天皇陵。世界三大墳墓の一つです。これは外堀の外の拝所からの眺めで、これより奥へは入れません。

籠神社

| コメント(0)

籠神社.jpg

昨年の伊勢神宮、今春の熱田神宮に続き、今度は丹後国一の宮、籠神社(このじんじゃ)にお参りしました。祭神は彦火明命(ひこほあかりのみこと)。1976年に当神社の神主、海部(あまべ)家の系図が日本最古の系図として国宝に指定されたそうです。1988年には至宝の伝世鏡、息津鏡(おきつかがみ)と邊津鏡(へつかがみ)を公開し神道界や学界に大きな衝撃を与えたそうです。写真は本殿で(拝殿前は沢山の人で写真にならない)、伊勢神宮御正殿とここにしか見られない五色の座玉が写っているのがおわかりでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ