2010年5月アーカイブ

サツマイモの植え付け

| コメント(0)

DSCF0639.JPG
サツマイモのベニアズマ10本とシロイモ2本を植えた。

DSCF0635.JPG
ジャガイモは植えてもう4週間経つのに発芽が悪い。

垣根の修繕

| コメント(0)

DSCF0597.JPG
この垣根を作ってもう8年程経った。竹は痛んで数年前に全部変えたが、まただいぶ腐ってきたところのこの冬の大雪で、すっかり壊れてしまった。今年は否応なく修繕。竹は全て廃棄。杉(だったと思う)の杭は化学塗料の Xyladecor を塗ってそのまま利用。写真は途中の横方向の竹を仮留めしているところ。

DSCF0595.JPG
今回、最初の横方向の竹を銅線で仮留めしてみた。

DSCF0603.JPG
位置が決まったら杭の部分の縦横の竹を揃えてシュロ縄で結束。

DSCF0623.JPG
次に縦方向の竹の位置決め(マーキング)。

DSCF0624.JPG
錘を使って垂直を出す。

DSCF0626.JPG
縦方向の竹は地上高より 10 cm 程長目に切って、槌で打ち込む。水糸を張って頭を揃える。大袈裟なようだが、人間の目は案外敏感で、ここまでしないと歪みが気になってしまう。

DSCF0632.JPG
シュロ縄で結束してできあがり。延べ5日かかった。ふう。

ジャスミンの支柱

| コメント(0)

ジャスミンとはツル性の植物なんでしょうか。何年か前にツレアイが庭に植えたものの、ツルのさばきようがなくて困っていました。オベリスクという程でもないが、ショップで手頃な針金細工を見つけてきたのでこれを利用してみます。

DSCF0617.JPG
まず作業しやすいようにツルをさばいてシュロ縄で束ねる。

DSCF0618.JPG
銀トンボ(スコップ)で溝を切り、針金細工を沈める。ピンも打ち込んだ。

DSCF0620.JPG
溝を土で埋める。

DSCF0628.JPG
できあがり。

夏野菜の植え付け

| コメント(0)

DSCF0608.JPG
昨日畝を作り、今日は午前中苗の買い出し、昼前から定植。畝の間には低性ソルゴー(バンカープランツ)も撒いた。

DSCF0609.JPG
今年はトウモロコシ(ハニーバンダム)とエダマメ(サッポロミドリ)を混植。あれ、去年はトウモロコシは緑マルチだったなあ。となりの畝には同じ組み合わせで種まき(直まき)。

DSCF0610.JPG
キュウリは四川(接木)2本と名前に惹かれて買った「うどんこつよし」自根苗、接木各一本。「うどんこつよし」はいずれも売れ残りの一本であまり良くない苗だった。四川の苗もあまりきれいでないなあ。チャイブと混植。

DSCF0611.JPG
トマトは続々と新製品が登場している。シシリアン(調理用ミディ)3本、大安吉日(大玉)、桃太郎ファイト(大玉)、華おとめ(ミディ)、アイコ(ミニ)3本。特にミディとミニは雑誌の評価を参考にした。トマトは去年から茎まで埋めているので自根苗を選んだ。奥に写っているツレアイは日光過敏症のため紫外線完全防備。

DSCF0612.JPG
ナスはショップおすすめの「味ナス」2本、名前を控えるのを忘れたたぶん長ナス2本、「紫の極上」1本、京野菜の加茂茄子1本。加茂茄子は自根苗しか無く、他は全て接木。ピーナッツと混植。

DSCF0614.JPG
ピーマン類の畝。フルピーレッド(カラーピーマン)1本、京ミドリ(小型ピーマン)、ベルホマレ(ベルタイプピーマン)2本、甘長美人(万願寺シシトウ系)、シシトウ、伏見甘長2本。

DSCF0615.JPG
今年はサトイモをこの近場の畑に植えた。品種は大和。サトイモは夏場の乾燥に弱いのでわざと水気の多い場所を選んだものの水捌けが心配ではある。なるべく高畝とした。

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ