2009年8月アーカイブ

VAIO ハードディスク換装

| コメント(0)

vaio-cracked.JPG
2003年6月に購入した VAIO PCG-U101/P。ハードディスクの寿命が心配になってきた。この VAIO には MK3004GAH (30GB) が内蔵されている。昨年東京出張の際、MK6006GAH (60GB) を調達した。その後ピン互換のシリコンディスクも発売されましたが、やはり高嶺の花ですねえ。その後も結局ディスクが壊れることはなかったが(無線LANの方こそ調子悪い)そのうち本体もどうなるかわからないし、出番がなくならないうちに換装することにした。

手順は主にこちらを参照(お世話になりました)。U101はトップクラスの難度ですとある。確かにその通りで...

DSCF0091.JPG
こちらの外したネジの保管のしかたが気に入って、マネしました。番号もそのまま使わせて頂いております。

DSCF0090.JPG
マザーボードを単離して今からディスクを入れ替えるところ。

分解はやはり困難を極めた。特にコネクタ類。そもそも一回組み付けて終わり、の設計である。手では抜けず、ラヂオペンチを使うと注意深く引き抜いてもコネクタはつぶれてくる。
24pin-circle.JPG
特にこのマザーボードとオーディオ基盤を結ぶこのリボンケーブルを引き抜くときに損傷してしまった。〇のところ、導線3本程ちぎってしまった。マザーボード側のコネクタをラヂオペンチで引き抜こうとしたのだがこれはボード側に固定で、ケーブルだけを抜くべきところコネクタを抜こうとしてペンチが滑って外れたときに損傷。

一応 VAIO 修理センターに電話もしてみたのだが、オペレーターのおねえさまに「お譲りできる部品とできない部品とがございます」と諭される。このリボンケーブル、ソニーの関連会社(?)の flexible flat cable という商品だった。しかも aitendo というところが1本から売ってくれた。救世主。無事組み立て直すことができました。

この VAIO の分解は... もう2度としたくない。

寄木細工

| コメント(1)

DSCF0085-top.JPG
夏休みの箱根旅行土産の秘密箱。お約束の寄木細工です。箱の各面の上層がずれる仕掛けになっていて、一定の順番にずらしていくことが箱の解錠となります。Eresse さんが自分に買って帰ったこの箱はストローク21回。これは解錠に成功して蓋を開けた瞬間です。モザイクになったそれぞれの木地が美しい。

奥は両面で模様の違う、2度おいしい寄木細工の鍋敷き。

日本で最も美しい村

| コメント(1)

DSCF0313.JPG
今年の夏休み最終日に訪れた木曽町開田高原。木曽馬に会いにやってきた。日本で最も美しい村、だそうだ。空も森林もなんだが日本離れしていて、本当に絵になる。

日本一美しい村と記憶して帰ったのだが、ググってみると実際は日本で最も美しい村で、実際は18の村が登録されていた。それにしても「日本一美しい村」と入力して日本で最も美しい村のヒットする Google 様って、偉い。

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ