2009年3月アーカイブ

LAN 配線

| コメント(0)

今どきのAV機器は半ばコンピューターみたいなもので、オプションではありますがネットワーク接続もできるようになっています。近々機器更新の予定もあり2階のPCの部屋とホームシアターの間のネットワーク (category 5) 配線を行いました。

2階から1階の配電盤まではCD管。ここに通っていた同軸ケーブルを抜き category 5 に入れ替える。PC録画の目的に以前に同軸ケーブルを通してみたものの、UHF画像のあまりの汚さに結局使っていませんでした。市販のLANケーブルの一端のモジュラープラグを切断し(プラグなしのケーブルだけは入手できなかった)配電盤側で同軸ケーブルにハンダ付けして、2階側から同軸ケーブルを引き上げるとLANケーブルがつながって上がってくる。電話線も2本通っていて、結構きつかったです。配電盤からシアター機器まではHDMIケーブル配線のときと同様床下を通しました。正確に測りませんでしたが大体25m程ひきまわしたでしょうか。

2階側は改めてモジュラープラグ取り付け。今回初めて配線に T568A と T568B のあることを知る。当初なにも考えずに T568A 結線でかしめたら反対側が T568B になっていてクロスケーブルを作ってしまいました。チョン切ってやり直し。市販のケーブルはどうも(規格ではオプションの方の) T568B らしいです。

買ったまま何年も眠っていたケーブルチェッカーの出番となりました。

DSCF0051-top.JPG

センタースピーカー

| コメント(1)

DSC00006.JPG
何をいまさらですが。センタースピーカーを設置しました。

主に部屋の美観のためセンタースピーカーなしでやってきたのですが、最近どうにも音に不満。主な不備はまずプレーヤー、アンプともに今どきのHDオーディオに対応していないこと。なんですが、センタースピーカーなしも気になってきました。しかしフロントスピーカーと合った機種(写真の B&W CDM CNT)は廃番でもう手に入りません。そうしたところがヤフオクで首尾よくゲットできたのでした。

結果は上々。音の不満の半分ぐらいは解消したように思います。センターの信号のフロント2チャンネルへのミックスダウンが思いのほか音をスポイルしていたのでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ