丹波國一之宮 出雲大神宮

京都府亀岡市にある、出雲大神宮をお参りしました。延喜の制では名神大社、官幣中社です。祭神は大国主命と三穂津姫命です。
え、出雲大社って島根県じゃないの、と思われるかもしれませんが、丹波國風土記逸文によれば「奈良朝のはじめ元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す。すなわち今の出雲大社これなり。」とあるそうです。そもそも近世まで今の出雲大社は杵築大社、こちらは出雲神社と呼ばれていたことは間違いありません。

キュウリの定植

ネットをしつらえて昨日買ってきたキュウリの苗を植え付けました。例年通りチャイブと混植です。ネット1キットにあり合わせの資材を足して倍長しつらえたので、手前半分と奥半分の形状が違っています。気にしない、気にしない。
ネットの両側に細い畝が 二筋 あります。右(西)畝、手前よりシャキット二株、近成四葉一株、夏すずみ一株、ミニキュウリサラ二株。左(東)畝、手前より節成キュウリなるなる四株、ミニキュウリサラ二株。たぶん…
作業が終わった頃はもう日も傾いていました。

新兵器登場

今日は山の畑の電気柵設置なんですが、里の畑とは別機種を導入しました。ソーラーパネル充電式の機器です。FARMAGE というところが販売していますが、ニュージーランドの Tru-Test というところからの輸入品のようです。

固定種の直まき

固定種の種を畝に直まきしました。写真両脇に黄もちトウモロコシ、中央に庄内3号(だだちゃ豆)をまいています。穴には市販の種まき用の肥料配合の培土を入れたので、自然栽培は名乗れません。
実は2週間前にポットにまいていたのですが、全く発芽しません。それだけならばもう少し待とうかとも思いますが、ポットから腐臭がしてきてコバエまで寄ってきました。培土が悪かったようで廃棄処分。もうすでに畝もあるので、直まきと相成りました。種はもちろんこの後土に埋めています。

夏野菜の畝づくり

今日は夏野菜の畝づくりです。写真は作業後のもの。
今年も近所の方がトラクターを入れてくださっていたので大助かり。昨日の朝晴れて、1日置いただけなので、耕起した地面は一見乾いているように見えても少し掘ればまだドロドロです。でも15年程前この畑を始めた頃に比べると随分水はけなど土壌は良くなっています。