出羽三山神社

羽黒山山頂の出羽三山神社、奥羽修験道の本拠地です。出羽三山とは羽黒山、月山、湯殿山のこと、鳥海山は含みません。名前がややこしくて、こことは別に月山神社も湯殿山神社もあるので、本当はここは羽黒山神社と言ってもらえばわかりやすいのですが、月山神社も湯殿山神社も一緒に祀って出羽三山神社を名乗っています。月山神社も湯殿山神社も山の上でとても行きにくいので(現在では湯殿山は車で行ける)、修験者ではない庶民でもここを参れば出羽三山全て参ったことにしてやる、というコンセプトでしょう。
羽黒山は稲倉魂命(ウカノミタマノミコト)、月山は月読命(ツクヨミノミコト)、 湯殿山は大山祇命(オホヤマクヒノミコト)、大国主命(オホクニヌシノミコト)、少彦名命(スクナヒコナノミコト)の三神を祀るとあります。でもこの神社の本当の御神体は写真手前の鏡池です。
お参りしたときにちょうど中でお祓いをしているところでしたが、神主と巫女のユニゾンで祝詞が朗々と響き渡り、しばらくうっとりと聞き惚れてしまいました。こんな祝詞、普通の神道の神社では聞いたことがありません。