長女の成人式

私たちが山田村へ転居してからもうすぐ14年、そして山田村が閉村してからもうすぐ8年。山田村へ転居してすぐに山田小学校に入学した長女が成人式を迎えました。写真は新成人と来賓、そして恩師の先生方。山田村はなくなっても山田小中学校で一緒に学んだ絆はいつまでも続きます。

長男の成人式

あけましておめでとうございます。
私たちは平成11年3月22日に山田村へ転居、翌4月に長男と長女がそれぞれ山田小学校の4年生、1年生に転校、入学しました。しかしあれからもうすぐ11年、小学生であった長男がとうとう成人となってしまいました。
月日の経つのは早いですね。

山田村閉村

私達の山田村への道のりは、意外な形で結末を迎えることとなりました。
今年は関西の両親もここ山田地内に家を新築して近所に一緒に住もうとしています。でも … 国策の、この平成の大合併の津波にのまれ、ここ山田村も4月から富山市に併呑されてしまうのです。
今週3月15日は長男が山田村立山田中学校最後の卒業生として卒業
昨日3月18日は長女が山田村立山田小学校最後の卒業生として卒業。
そして今日、3月19日は閉村式が執り行われました。長男、長女も式中それぞれの役割を果たしたようです。
来月4月からは私達は自動的に富山市民。職場も富山市。富山県は中央部の富山湾岸から岐阜県境まで全部巨大な富山市になってしまいます。とても変ですが、私達はこれからも山田村民の意地とプライドを忘れずに生き続けたい、と思うのでした

1999年秋

今年は村の青空市場をスタッフとして手伝うようになりました。山の畑ではダイコンやサトイモなどを沢山収穫しました。野菜やイモを実家や親戚に送るようになりました。
3年間お世話になったバイクの傷みが激しく、石橋パパはバイクを新調しました。

1999年夏

今年の夏は記録的な猛暑となりました。 この暑い夏、今年もまた全国から若者が集いました。「電脳村ふれあい祭」です。今年は7月31日より8月9日の間開かれました。今年石橋家は「こうりゃく隊」としてサポート側にまわりました。山の畑ではジャガイモを沢山収穫しました。
新築も始まり、8月21日棟上げ式が執り行われました。

1999年春

3月22日、季節外れの吹雪の中ついに私達は山田村に引っ越して来ました。新築は未だこれからで、借屋住いでのスタートです。3月28日に開かれた地元の八幡社の百周年記念祭が丁度石橋家の顔見せとなったのでした。4月には子供達が山田小学校に転校生、新1年生として迎えられました。
5月2日、今年もまた「ふれあい農園」が始まりました。自分達の畑も始めています。
石橋家 I ターンの報道があいついでありました。