網戸の張り替え

新築9年半、昨年頃より網戸の網が一斉に破れてきた。

北向きより南側が早く、7~8年の紫外線暴露で破けるのだと思う。

夜はせっかく涼しいのに、窓を開けられずエアコンを入れるのでは電気がもったいない。かと言ってもちろん業者に修理してもらうほど我が家は裕福ではない。そこでやっぱり自分たちで修理。

網戸の網は、このようにサッシ枠の溝に押さえゴムで固定してある。ゴムをキリなどでほじくり出すと網が外れてくる。つまり網の張り替えはそれ程の特殊技術は要らないということ。ホームセンターで下記を入手する。
①網 欲張って丈夫なクラスファイバーなどにすると最後のカッティングで苦労する。また、外のよく見える黒色系は夜外からよく見えるとも言えるのでそこを考えること。
②網押さえゴム いろいろな太さがあるので、確認用に古いゴムを少し外して買いに持って行くと良い。
③専用ローラー 写真下記。
④クリップ 専用でもなかろうが、ちょうど良い大きさのものがちゃんと一緒に売っていた。
⑤カッター これは一般の事務・文具のカッターで良い。

以下網張りの様子です。

少し長めに切って、クリップで仮押さえ。

専用ローラーを用い、押さえゴムをはめ込んでいく。最後にはみ出した網をカッターで切り落としてできあがり。

ぜったいに曲がったりたるんだらいやな、几帳面な方はこちらが参考になるかも。うちは盛大にまがってたるんでいます。

ついでにガタのきたロックを締め直す。

1 Comment

  1. eresse
    2009年7月16日

    すべていい加減でアバウトでまけといてで済ます張替え担当者です。次回はもう少し綺麗にできるように心掛けます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です