iPhone 日本発売

ソフトバンクから iPhone の発売が決まったそうだ。これでようやく iPhone をまともに携帯電話として使えるようになる。ところが iPhone がソフトバンクのケータイと聞いたとたんに iPhone への物欲が薄れてしまったのである。それはもちろん、本来日本にないはずの iPhone を使うのが楽しかった、というへそ曲がりもある。しかし、私は本来ケータイが嫌いだった訳で。歩いたり、自転車に乗ったり車を運転しながらプチプチしている人たちを見ているとバカじゃないかと思う。数年前職場の指示で仕方なくケータイを買いに行ったときは「メールやインターネットは要らない」といったら「それはどういう意味か」とほとんど詰問さるような状況だった。私にとってケータイというのは職場から仕事で呼び出される、ただそれだけのものだ。後に職場 からPHSをあてがわれたときは、すぐその週末にケータイを解約した。次の週末山の畑に行ったらPHSでは電波が 届かずやや後悔した。
さて、どうしたものか。今の iPhone はアメリカへ行ってSIMを入れれば通話できるようになる(たぶん)。
上のスクリーンショットは、標題とは関係のない jailbroken iPhone のIP電話ソフトウェアの fring。Skype と SIP の双方に対応していて完成度が高い。ところが通話音が小さすぎて実用にならない。どなたか解決法ご存じありませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です